FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

ニューニャミリー

DSCN2211.jpg

我が家にニューニャミリーがやってきたのは
先月の事。

もうこの顔でごお分かりですね。

はい、恋焦がれて夢にまで見たゴローと暮らす。
こんな幸せなことはありません。

この世で一番愛していた先住くんが旅立ち
私、かなり重症のペットロスに陥りました。
今でも、友人とは会えないままです。
怖くて会えないんですね。

そして、サリー。
実はサリーも、谷町にいたときに
引き取るならゴローかサリーかギンコ
というくらい好きだったコです。

ただ、なかなか決心がつかなかったのは
夫も先住くんの死からなかなか立ち直れず
新しい猫はムリと言っていたことと、私自身の気持ちも
ついていかなかった。
それとは別に、今いるばあにゃんの存在もありました。

ばあにゃんはとっても気難しい性格ですので
新しい猫を受け入れてくれるかどうか悩みでした。

だけど、そんなこと言っている状況ではなくなり
サリーをうちの子にすることにしました。

その時の気持ちといったら、もう一生忘れないでしょう。

なぜこのタイミングで引き取る決意をしたのか。
こんなに寂しがり屋のサリーが元気なうちに
決断出来ていたら

そう思いました。

だから、うちにやってきたサリーを見て
いつか一緒に暮らせたらいいなと思っていたコなのに
FIPで長くない、という最悪なタイミングで迎えてしまったことを
サリーに詫びました。

それからほんの数日間でしたが
私とサリーの家族としての生活がスタートしました。
サリーにはストレスを与えてはいけない
完全に先住ばあにゃんとは隔離して部屋を閉め切り
私とサリーだけの蜜月です。
この蜜月は、私の中で「終わりの始まり」となりました。

DSCN2115.jpg

サリーがくれたかけがえのない時間は
正直に言うと、辛く悲しいだけの時間でした。
楽しい事なんか何一つなかったです。
その先の未来が全く見えず、ひたすら限られた時間を
どう過ごさせてあげるべきか、そのことだけに
集中し、サリーに家庭の温かさ、そして
毎日サリーを撫でながら「好きだよ」「来てくれてありがとうね」と
声をかけ続けました。

そのサリーが旅立ち、今度こそ私はダメになる、と
思いました。

実は、それまでは一緒に暮らした時間が短かったので
サリーとのお別れはさほど辛くないのでは・・・
そもそも余命を知った上で引き取ったのだから
その時点で覚悟は出来てる。

そう思っていました。

でも一緒に過ごした時間じゃないんですね。
どれだけ、その子を必要としていたか。
どれだけ、サリーを愛していたか。

そういうことだったんです。

サリーが旅立ち、慌ただしくトラブルが発生し
猫達は谷町を追われる事となりました。

その流れで私がゴローを連れ帰り
現在に至ります。

DSCN2203.jpg


新品です。
サリーも一緒に遊ばせてあげたかったです。

DSCN2205.jpg


さすがはゴロー
うちの気難しいばあにゃんとも仲良く
家の中を明るくにぎやかにしてくれました。

DSCN2223.jpg


そして、気がつけば。
私、亡くなった子のお骨を触ることをしなくなっていました。
いつもお骨を触って、泣いたり話しかけたりしていたんです。
サリーにも遺影を見つめながら、謝ってばかりで。

でもゴローがやってきてから
あれっ?もしかして、ペットロスが改善に向かいつつ
あるのかな?と気づきました。

ゴローはサリーとも家族だったから
その安心感もありました。
ゴローを抱きかかえ、サリーの前に立ち
「覚えてる?箱の中にいたサリーだよ」と
話しかけたり。

そんなゴロー&ばあにゃんとの日々に包まれて
いつの間にか心が晴れていることに気づきました。

先住くんやサリーを遠くへ追いやったわけではありません。
あの2匹はいつまでも私の心の中、最優先でいます。

でも、その思いはVIP席にちょこんと置いて^^
これからばあにゃんとゴローの時間を
一緒に刻んでいけたらいいなと思っています。

DSCN2185.jpg


猫ってやっぱりすごい。
悲しみを癒してくれたのは猫
ペットロスを改善に導いてくれたのも猫。

猫のいない人生なんて、この先も
生きている限り、ないでしょう。

ずっと猫と暮らしていきたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャマ

Author:ニャマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR