QLOOKアクセス解析

西宮の愛護センターの話★その四★

元の飼い主は友人のところへ謝罪に行った際に
「あの犬はもう処分したから。申し訳ないことをした」と
友人に謝ったそうですが・・・犬への謝罪の気持ちは
ないのだろうか それは本人でしか分からないこと。

友人はその時は
自分のせいで犬が殺されたということで衝撃を受け
私に電話をかけてきたのですが
かけてきてもらって良かったです。

知識は全くないけど、当日に殺処分なんて
そんなことあるのか?
もしそうだとしたら、納得のいくまで話を
聞きに行く!
そんな気持ちでかけた電話でした。

犬は生きていた!

ややこしくなるので、犬が生きていることは
飼い主には言わないでおこうということに
なりました。

そして、次は管理センターの方との
犬の今後についてです。

私は猫がいますし、大型犬を飼える環境に
ありません。絶対に無理です。
友人は引き取りたい気持ちはありましたが
なんせ飼い主とはご近所・・・
殺したと思っていた犬が生きていたと知ったら
激怒し、管理センターに迷惑がかかるし
友人も何をされるか分かりません。

ということで行ったはいいが、私達では
犬をどうすることも出来なかったのです。

詳しいことは分かりませんが
その時はまだ部屋に空きがあり今日、明日に
処分されるという状況ではなかった。

でも時間がないことは確かです。

施設の人だって、好きで処分しているわけではない。
誰かがやらねばならぬ仕事です。
悲しいけれど、今はそれが現実です。
それをなくすために、尽力されている方々が
大勢いらっしゃるということを私たちは忘れては
いけないと思います。

どうしよう どうしよう

引き取りたいという人がいても
市の決まりなどがあり、どこの誰でも良いということでは
ありませんでした。
西宮市及び近隣地 だったかな?
忘れちゃいました すみません。

施設の方はとても親身になってくださり
色々なアドバイスをくださいました。

犬をどうするか。

知り合いに聞いたり、ボランティア団体に引き取ってもらえないか
聞いたりしましたがなかなか難しかったです。
とある団体は大型犬はムリ・・・とのことでした
小型犬なら良かったのでしょうか?
理由を聞いても大型犬は・・・とそれだけ。
そこは街頭募金をしていたところで
大型犬を連れていたので聞いてみたのですが。

無理に押し付けるつもりはありませんでした。
無知な私達だったからダメな理由を聞きたかったのです。
これからの参考にしたいと思ったし、何よりそこは
私が支援していたところでした。
(会費だけを支払い寄付していたところなので
面識はありません)

何を聞いても「大型犬は・・・」という回答しか
出なかったので聞くのを諦めました。

その時思ったのは
ボランティア団体やグループに相談に行って
こういう回答をされたら、知識のない、逃げ場のない人たちは
困ってしまうだろうなということ。

管理センターにももちろん色々アドバイスをいただきましたが
ボランティアさんは管理センターでは知らない情報を
持っているかも知れない、色んな方法を知っているかも
知れない、そんな思いがあったのですが。

続く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャマ

Author:ニャマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR