FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

西宮の愛護センターの話★その三★

西宮の動物管理センターは阪神甲子園から
バスでリゾ鳴尾浜行き?のバスに乗ったらすぐあります。


さぁ、行ってやろうじゃないかと乗り込んだ私と友人。

皆さん、好きで殺処分しているわけではないことは
分かっていたけど、電話の対応の悪さの印象などから
どうしてもマイナスイメージしか持てませんでした。

しかし 行ってみるとそこには
温かい雰囲気の職員さんたちが。

いよいよ担当者の男性登場。

現れたのはまじめそうな、感じの良い男性でした。

あれっ 電話の印象と違うやん。

そして、色々お話する中で毎日色んな電話がかかってきて
中にはクレームもあるということ。
(内容はお話されませんでしたが、おそらく動物殺し!とか
そういったものではないかなと想像します。)
そういう毎日に加え、誰もが辛いと思うことを
お仕事にされている、こういう環境がどうしても
そうなってしまうのだなと思いました。
↑問い合わせに対する電話の印象が悪いという件

だって実際お会いすると、皆さんとても良い方でした。

簡単に情報をお伝えすることは出来ないということだったので
当事者である友人を連れて行くことは当然のことでした。
それで連れ込まれた大型犬についての話を聞きました。

興奮状態にあった飼い主は
犬と共にやってきて、ぞんざいな態度で
「この犬はもういらない 殺してくれ」と言ったらしいです。

見ると自分がどういう理由でここに連れてこられているかも
分からず嬉しそうにしっぽをふるラブが。

担当者の方は理由をまず聞きます。

飼い主は言ったそうです。

人を襲った。
もうこんな犬はいらないから今すぐ処分して。

でも、目の前にいる犬は人を襲うような犬には見えない。
さらに詳しく話を聞くと、襲ったのではなく人が好きだから
嬉しくて飛びかかったのだろう それが残念なことに
怪我につながってしまったのだろうということ。

担当者は

もう一度ゆっくり考えてやってください
この犬は人を襲うような犬ではないと思います

と説得しました。

それでも飼い主は
こんな犬はもういらない 処分してくれと
聞かなかったそうです。

こういうことはよくあることなので冷静に対応していた担当者は
だんだん感情的になってしまい
「ここに置いて帰るということはこの犬は殺処分されると
いうことなんですよ それわかっていってるんですか!!」と
言うと
「だから今日にでも殺してくれ言うとるやろ!」などと
飼い主と喧嘩になってしまったようです。

頭に来て「分かりました!ではこの犬は本日殺処分します!!」
とつい言ってしまったそうな。

私達に
あまりにひどかったのでつい感情的になってしまいまして・・・と
おっしゃってましたが、私はその人の人間性が見えた気がして
とても好感が持てました。
そもそもそのジジィ腹立ちます。
木材をくくりつけて犬に労働をさせて、可愛がりもせず、
でもそんな奴でもラブはご主人が大好き・・・
泣けます・・・ううっ

そして、一通り話したあと
この奥に(犬)いますのでお会いになられますか?と。

もちろん!

と動物の保護室に入るとラブが笑顔でしっぽを
振っていました。

なんて天真爛漫なワンコなのでしょう・・・

あんた、ここにいるってことは里親が決まらなかったら
命に期限があるってことなんだよ・・・と
泣きそうになってしまいましたがそのラブは
そんな心配を吹き飛ばすような明るさで
とても楽しそうでした。

絶対にこの子をここから出してあげなくては

そう決意し、管理センターを後にした我々なのでした。
スポンサーサイト
プロフィール

ニャマ

Author:ニャマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR