FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

余計なお世話だよバーカ。

インスタにしてもそうですが、ブログも
思わぬところで思わぬ人が見てくれていたりすることがあって
びっくらこきます。ありがたいやら、はずかしいやら。


そりゃ、世界に駄文を発信してるわけですから
見て欲しくて発信してるわけです。
時々、誰にも見てもらわなくとも構わない という方も
おられますが、それは嘘だよね。
だったらチラシの裏にでも書いときゃいい話。


なんか正直ブログが面倒になっており
やめちまおうかなと日々思っているのですが
(ま~一気に更新が減ったのでお気づきの方もきっと
いらっしゃいますね)
全く更新していなくても毎日見に来てくれている方が
おられたり(IPで分かる。ありがとうございます)なので
無理のない範囲でまぁぼちぼちと。

えーいブログや~めた!ってなったときは
お知らせもせずにある日突然ブログごと削除!しますので
そのときはよろしくお願いします☆彡

って言いながら何年も続けていくかも知れませんが。
(どっちやねん)

個人的に、すごく怖いな、と思っていることを書きます。
連日報道されている宮迫さん達の問題。
わからない方はネットで調べてくださいね^^

私はずっと
「おい、宮迫なんで会見しねーんだよ 逃げてんじゃねーよ」と
思っていました。

テレビで知る宮迫さんは、もっと男気がある方だと
思っていたので、嘘をついたのは仕方がないにせよ
会見をしないのはどういうことだと思っていました。


確か報道でも
「記者会見の会場までおさえたのに宮迫ドタキャン」とか
いうのが流れていて
私はそのままそれを鵜呑みにして
もやもやしたものを抱えていました。

テレビの中の世界なのにね。

だけど、内情は皆さまご存じのとおり、です。

あの涙の会見で、私もそうですが
世間の心情が一気に変わったのを感じました。

私はあの会見を見ながらお2人が嘘をついているようには
思えず、もしあれが嘘だとしたならばそれこそあのお2人は
一生罪を背負わないといけないのだ、と思います。

あんなことをさせてはいけない。
会社は働いている人を大切にしなければならない。


もう一つ感じたことは、
情報に左右されないようにしようということ。

夫もそうでしたが、私もずっと
「宮迫 あかんな 汚いな ありゃダメだ」って
ずっと言ってました。
でも、本当の事がわかった途端
感情が動くわけです。

そうだったのか、と。
そこにはもう宮迫さんを非難する言葉は残っていませんでした。

怖いのです、そういう自分もそういう世の中も。

世の中は情報に左右されてしまうから本当に怖い。

私ももういい歳こいたおばさんなのだから
しっかりせねばならないと思いました。

もっとブレない人間になりたい。
でも、もうこの年でブレてる自分が確立されているのだから
無理かもな。

いや、もがくことが大切なのだ。
人は考えなくなったらおしまい。

日々どんなところにでも、考えるきっかけは転がっているのだから
それを見落とさないように、こぼさないように。

なんてことを思う今日この頃。

そしてそんな私の今日のおすすめは。

クリープハイプ「社会の窓」

感情の波を掻き分けて
愛憎の海を泳いでる

で始まる。
もう、ここからぞくっとします。

なんてかっこいいのだろう。
若者に圧倒的に人気のバンドですが
いえいえ ここのおばさんもファンですよ。

しかし、残念ながら何度練習しても
この最初の「感情の波を掻き分けて
愛憎の海を泳いでる」が歌えません
おばさんだからか?だからなのか?

舌が追いつきません
お暇な方試してみてください。

「社会の窓」クリープハイプ




とある人と音楽の話をしていて
クリープハイプ?ずいぶん若いの聴いてるね
なんで?と言われたのですが
(でも知ってるだけでも実は嬉しかった)

「社会の窓」に言わせたら

「余計なお世話だよ バーカ」


※タイトルの言葉は今回紹介するクリープハイプの
「社会の窓」で尾崎さんが歌っているのです。
気に入っているので今日のタイトルに入れました。
意味はありませ~ん。
できれば最後まで聴いて欲しいけど
興味ない方にはつらいと思うので(笑)
スポンサーサイト



時代の波に乗り、抗ってみる。

2019年
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は個人的に激動の一年でした。
振り返ってみて、本当に色々あり、
え?まだ一年しか経っていないのかと
驚くばかりです。

辛く悲しい事、腹の立つこと、沢山沢山
ありました。

だけど、経験は宝。
おなじ思いは二度としたくないけど
経験から学ぶことが沢山ありました。

嫌なことはすべて過去に置き去り。

新しい気持ちで、日々を穏やかに
過ごしたいと思います。

ニャマ的大変化がありました。

ガラケーはこの通り


DSCN3826.jpg

ゴローさんから
「こんなものもういいじゃないキャッ」ガブッ
とやられてしまい、そうか ずっとスマホに対抗してきたけど
そろそろスマホに乗り換えてみようかと重い腰をあげました。

ゴローさんに言われなくても、実はゴローさんの
インスタをずっとしたいなと思っていたので
スマホのことは考えていたんですよね。

で、昨年12月末にスマホデビューしました。
替えたてホヤホヤは何もかも分からず
使いにくく、スマホのストレスがすごかったのですが
今はだいぶ慣れました。

おそらく使いこなせばとても便利なスマホ。
何をそう頑固に拒んでいたのか
自分を笑いそうになります。

だけど、スマホを持って分かった事。

私はスマホがあまり好きではないということ。
インスタはすでに始めましたが、それ以外は
スマホをほとんど触ることがありません。
なのでギガもバッテリーもなかなか減りません。
充電もほとんどしない状態。

スマホ生活になることで、自分の世界が
崩れてしまうのが本当に嫌なのです。
なので今まで通り、ラインはパソコンでしか
しないですし、電子書籍とか好きではないので
読書は紙のみ。

読書の時間は守りたいので電車でも
スマホは閉じたまま。

スマホを使い始めて、本当に何でも出来ちゃう事に
驚き、感動して。
けど、そのすごさを知った上で
私はあまり好きじゃないな、ということが
分かりました。

それが分かっただけでもよかったです。
きっとこの先も必要以上に使うことはないでしょうね。

便利で、良いものだということは認めます。
なんというか、本当に偏屈だと思うのですが
分からないことは分からないままでも
いいじゃないか、と思うのです。

先日こういうことがありました。
夫と某所へ行くことになりまして。
そもそも正月にそこが
やってるかどうかわからんねということになり

行ってみりゃ分かるか、という私に対し
夫は言いました。

スマホで調べりゃいいやん、と。

私はそれをしませんでした。

その場でスマホで知らないといけないことは
そうそうない。
今までもそうしてきたのだから、調べる必要はない、と。

それに対し

なんで?スマホで調べりゃすむ話やん
行って閉まってたら時間の無駄やん
俺が調べるわ

と。

調べた結果開いていたから行きました。
行って、閉まってたとしても時間は
たっぷりあるのだから良かったんですけどね。
近い場所だったし。

めんどくさい奴確定(笑)

これ、夫の前だから出来るんですよね。
他の人の前でやったらうっとおしい奴だと
思います。
実際に夫に「お前ムカつく、めんどくさい奴やな」と
言われましたしね(笑)
私も負けてないので暴言でしっかりお返ししてやりました。

基本はそういう考えです。

スマホを持つと、自分で考える事がなくなる。
ワクワクすることがなくなる。
何でもその場でわかってしまう。

極端な考え方かも知れませんが、私はそう思っています。
今までのアナログな暮らしを、楽しみたいのです。

疑問に思った事がすぐその場で分かるより
自分で考えたり、家に帰ってパソコンで調べたり
そういう時間も楽しみたいのです。

頑固、偏屈とよく言われます。
その通りです。

スマホを活用している人をすごいなと思います。
スマホ批判ではないです。
ただ、自分には向いていない。
スマホがなくなっても、困らない自分でいたいと
思っているだけです。

インスタも楽しいです。
ゴローさんに「いいね」が入った時の
喜びといったら!

って、めちゃスマホライフ楽しんでるやん!

そうなんですよ 色々書きましたが
スマホ、それなりに楽しんでるんですよ。
ガラケーやめて良かったとも思ってます。
あとは、自分なりに限度を知ること。

スマホとうまく付き合っていきたいと思います。

はぁ~新年早々スマホのネタでよくこんなに
書けるものだ、ほんとスマホ好きなんだから(笑)

ことしもよろしくねm(__)m
仲良くしたいゴローさんと嫌がるハナばあにゃん

DSCN4548.jpg


新年一発目の音楽はこちら

空がまた暗くなる/RCサクセション




大人だろ 勇気を出せよ
大人だろ 知ってるはずさ
悲しい時も涙なんか 誰にも見せられない

大人だろ 勇気を出せよ
おとなだろ 笑っていても
暗く曇ったこの空を かくすことなどできない

あぁ、子どもの頃のように
さぁ、勇気を出すのさ

きっと道に迷わずに 君の家にたどり着けるさ 

大人だろ 勇気を出せよ
大人だろ 知ってることが
誰にも言えないことばかりじゃ 空がまた暗くなる



キヨシローさんの曲の中で
一番好きな曲です。
最初のイントロからもう泣きそうなくらい好きで
大切に思っている曲です。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ひとにやさしく

気が狂いそう やさしい歌が好きで
ああ あなたにも聞かせたい

人は誰でもくじけそうになるもの
ああ 僕だって 今だって
叫ばなければやりきれない思いを
ああ 大切に捨てないで



ブルーハーツの曲が
頭から離れません。

甲本ヒロトさんの描く世界観が
好きでした。

現在はクロマニヨンズとして活躍しておられます。

最近伊坂幸太郎さんのエッセイを
読み直していたらその中で

「ヒロトとマーシーはクロマニヨンズで
メッセージが蒸発してロックンロールの楽しさだけが
残ったような曲を生み出していますが、
ブルーハーツからのその変化が、
僕にはとてもすばらしいものに思えます。」

と書かれており

電車の中で読んでいたのですが
思わず本を閉じ、目をつぶり、
その言葉を一人噛みしめるという
キモイおばさんとなっておりました。


こんな風に表現してもらったら嬉しいだろうな

伊坂さん 最高だな。

好きな作家は?と聞かれたら
真っ先に答える方は伊坂幸太郎さんです。

小説を読んでも、エッセイを読んでも
インタビューを読んでも、とにかくやさしさが
あふれている伊坂幸太郎さん。
その優しさはお顔にも表れており、
「隠しようがない」んだと思って時々笑って
しまいます。


若い頃は、尖った人が好きでした。
いまでも嫌いじゃありません。
尖った人はその分繊細で、その繊細さが
生み出すものが好きです。

若かった時代を猛スピードで走りぬき、
年を重ねて、明るい将来よりも
老後を考える方がしっくりくる年齢になった今

やさしい人に惹かれます。
やさしくされたい。

きっと人も動物も地球もそう。
みんな やさしくされたいんだと思います。



ひとにやさしく ありたいとおもっています。
ひとにやさしくされたら、うれしいし
じぶんもおなじように、やさしくなれたら。

やさしくされてうれしかったり
ありがたくてなみだがでたり、
やさしさのパワーってかぎりなくすごい。

じぶんとおなじように 
がんばっているひとがいたら、
そのひとにしかわからないたいへんさが
きっとあるとおもいます。
だから、たすけあう、みとめあう。

ひとをだましたり、うそをついたり
おとしいれたり、じぶんをおおきくみせようとしたり。
じぶんだけ じぶんだけ



猫は、そんなことしない。
いつだって真正面からぶつかってくる。

私は、何もできないちっぽけですが
ゴローさんとハナさんに、堂々と向かうことの
出来る人間でありたいと思っています。

ゴローさんとハナさんに
「ニャマがいちばんだニャ」と
言われたいのです。

DSCN3669.jpg


BGM♪「TRAIN-TRAIN」 THE BLUE HEARTS

あの時見た空を忘れるな

ワールドカップ 日本は残念でした。
今回のワールドカップ、ニャマはとても興奮しながら見ております。
日本とベルギーの戦いは、日本が2点入れた時点で
これはいける!!と鳥肌がたってしまいました。

だけど、またもや夢で終わってしまいました。
サッカーは詳しくないので多くは語りません。
だけど、日本代表 良い試合をしてくださったと思っています。
ありがとう!


そして、西野監督 ダンディで、ニャマは監督目当てでもありました・・・
辞めちゃうなんて。
これも、残念だけど仕方がない。

その西野監督が最後に選手に語った言葉。

ベルギー戦で

「倒れこんだ芝生の感触、そこから見た空の色は忘れるな。
居心地の悪いベンチのお尻の感触は忘れるな。」


泣きそうになってしまいましたが
夫と見ていたので涙を見られたくなくて
こらえました。

きっと、選手皆さんの心に沁み込んだと思います。
監督がおっしゃったこの言葉。
サッカーに限らず、人生において、
とても重要なことをお話されてます。

一生忘れることのできない言葉だと思う。
だけど、私はいつか忘れてしまう。
だから、私は記録に残します。

普通に過ごしていてもこのように
宝石のような言葉や音楽、本などに出合うことが出来ます。
それを気付かずに過ごしてしまうかどうかは自分次第。
私は、自分の感性を信じて、取りこぼすことなく
いつも何かに感動して生きていきたいなと思います。

この言葉を聞いて、胸が締め付けられるような
何とも言えない気持ちになり
ふっとある曲を聴きたくなりました。

そして手にとったCDは
斉藤和義さんの「月光」

良い曲は沢山たくさんあるけど
この曲はニャマ的上位にランキングされている曲。

何度この曲に救われたか
何度この曲に力づけられたか。


オレはこんなもんじゃないんだって!
こんなはずじゃないんだって!
信じておくれよ
わかってないアイツらが センスのないアイツらが
バカなだけなのさ!

キースリチャーズは言った
「ロックはあるけどロールはどうしたんだ?」
ジョーストラマーは言った
「月に手を伸ばせ たとえ届かなくても」
だから行くなよ 後悔しても知らないぜ

オレはオレになりたいだけなんだ
ただそれだけなんだ 誰だってそうだろ?
ロックンロールに教わった事は
「人と違っても自分らしくあれ!」ってことさ
そして「愛と平和」そいつの意味を探している



子どもの頃は大人になったらすべてが分かって
悩んだり立ち止まったりすることなんてないのだと
思っていました。

だけど、いくつになってもくだらないことで
悩み、立ち止まり、後悔したりして
毎日を見苦しくもがきながら生きています。

私はただの猫好きのオバサンですが
西野監督の言葉、とてもとても響きました。

そして、斉藤さんの月光では
うん、悩みながらもこれでいいのだ、と思える。

なんだか、勝手に西野監督にロックスピリッツを
感じてしまいました。
いや、全然違うのは承知の上ですんで。


あまりに感動しすぎて今日は特に
内容があっちこっちいってしまってますが
お許しください。

日本は負けてしまったけれど
まだまだワールドカップは続きますよ。

寝不足上等でテレビ観戦に挑みます。

ブラジル、応援してます。
ミーハーですんません。
ネイマールが好きなんです。
子供がそのまま大きくなったようなあの方が。


「可能性が1%でもあるのなら。僕たちは99%の信念をもってして立ち向かう」

ネイマールの名言ですね。

大げさな演技が批判されていますけど
批判をモノともしないあの精神力。
憧れます。
スーパースターはすごいですね。

応援してますよ!

嫌なものを見た

昨日の出来事です。

とある電車の中で。

優先座席に盲導犬を連れた男性が座っていました。
盲導犬は男性の横で伏せていました。

途中から中年の男性が乗車してきて
すいているのに(ガラガラではないけど程よい感じ)
わざわざ伏せている盲導犬のギリギリまで寄って
吊り革を持って立っていました。

そこで少し違和感を感じたので
何となくその男性の様子を見ていると
なぜか肩にかけていた重そうなバッグを手に
持ち替えました。
伏せている盲導犬にあたっても盲導犬はじっとしています。

なんでそんなことするんやろ
盲導犬に当たってること気付いてないのかな
っていうかお前おかしいやん!

モヤモヤしながら様子をうかがっていると
その男性はそっと足をずらし、盲導犬の足を
踏みつけていました。

盲導犬は、ちょっと困ったような顔をして
「わたしが邪魔ですみません」というような感じで
足をそっとひっこめました。

すると、またその男性はその足を踏む。

これはわざとだ。

すぐ注意するのは簡単ですが
モノいえぬ動物にそのようなことをする人間は
頭のおかしい奴です。

盲導犬や連れている人に被害があったら
大変
どうしようか 
ずっと様子を見ながら考えていました。

するとエスカレートして最初は軽く踏んでいたのが
ぎゅーっと踏みつけているのが見えたので
たまらなくなり

「あの、すみません。犬の足踏んでますよ」と
大声で言いました。

何かあっても周囲の人が助けてくれると思ったからです。

すると、男性は慣れてるんでしょうね。

今気づいた、という風に

あっ!すみません

と踏んでいた足をずらしました。


その後すぐに違う車両へ移動していきましたが
一体あれはなんだったのか。

なぜあのようなことをするのでしょう

理解不能

プロフィール

ニャマ

Author:ニャマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR