FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

猫の鼻づまり

ニャマはとってもよろこんでいるみたい。
ええもんもろた~♪っておいらにみせるけど
これ、おいらにはキャンケイニャイ・・・

DSCN4861.jpg

単なる食パンの空き袋・・・
ゴミ・・・

いえ、ニャマにはゴミではないのです。
立派に猫のうんち袋として再利用しています。
友達などに声をかけているので
こうしてもらえるようになりました。
おかげで、惜しみなくうんちやシートを捨てることができます。

うんち袋をけちけち使わずに
働かなくても生きていけるような暮らし

それはそれでいいのかも知れないけど
なんかそんなのつまらないので
ニャマはやっぱりこうして、食パンの袋をもらって
喜んでるようなちっぽけな暮らしを楽しんでいます。

お金はないけれど、人をだましたり、おとしいれたり。

人として、絶対にしてはいけないことを
したことがないし、後ろを振り返ると
見守ってくれる友人がいる。

そんな暮らしこそが自分にとっての誇りです。


さて、ゴローさんのお話になりますが
ゴローさんは今月抜歯をします!
歯肉炎がこれ以上ひどくならないよう。
歯を抜くというと、かわいそうと
言われます。

ニャマも猫と暮らすまでは思ってました。
歯を抜くなんて・・・外猫だったら自然のままなのに
飼い猫になったら、そんなケアして不自然に歯を抜く・・・

などと思っていました。
今はそんなこと思ってません。

そりゃぁ抜かないにこしたことはないけれど
お口の環境が悪くなり食べたいのに食べる事が出来ないのを
見てると本当にかわいそうだし。

まぁでもこればかりは価値観の違いとしか言えませんね。

ニャマ家のゴローさんは歯を抜くことにしました。
嫌だなぁ怖いなぁ・・・

ゴローさんは谷町にいた頃からよくくしゃみをして
鼻が詰まっている猫さんでした。

うちに来てからもそれは治まらず
正直、そのうち治るのじゃないかと
軽く考えていたのです。


先日こんなことがありました。

一人運動会をしたゴローさんは
呼吸が乱れ、ハァハァとした息遣いをしていました。

それを微笑ましい気持ちで「そんなに暴れるからだよ」と
見ていたら
鼻が詰まっているから呼吸がしんどそうだったのです。
猫は鼻呼吸ですから、その鼻が詰まっていたら
そりゃぁしんどいですよね・・・

あれっ?と思って観察していたら
右の鼻からずーずーと音がするし
鼻が詰まっているのは右の鼻。

うーむ

急に心配になり色々調べてみたら
不安になってきて

病院で、右の鼻が詰まっているから
徹底的に見て欲しいと先生にお願いし
頭のレントゲンを撮る事になりました。

しかしレントゲンには何もうつらず。

鼻づまりで考えられることは

アレルギー
慢性的な鼻炎
腫瘍

など。

鼻の検査、治療は難しくレントゲンで腫瘍がうつってなくても
安心はできないとのことでした。

これ以上先へ進むならばCT検査などになるが
それは猫への負担も大きいからもう少し様子を見てはどうかと
言われました。

ゴローさんは右の牙が折れてるんですね。
今回折れてる牙も抜くので、右の鼻の穴の詰まりと
牙が折れてることと関連があるかもしれない。
もしかしたら、抜歯することで鼻づまりが治る可能性も
あるのでまずは抜歯で様子を見ましょうということに。

たかが、鼻づまりと軽く考えてはいけないなぁと
改めて思いました。

いつも、こうして猫に教えてもらうことが多いです。


今日は山田稔明さんの
「ポチの子守歌」を聴いていただきたいです。

この曲は愛猫ポチちゃんの闘病中に出来た曲だそうです。

ポチちゃんが病気で苦しんでいる時に
山田さんは
どうしたらポチちゃんを気分よくさせられるかを考え
音楽を生業にする自分が出来る最善のなぐさめは
子守唄を歌ってあげることだ、と

その場でポチちゃんに子守唄を歌ってあげます。
それがこの曲です。

山田さんとポチちゃんの「猫と五つ目の季節」は
もう何度も何度も読み返しています。
そのたびに泣いてしまう・・・
山田さんのポチちゃんを思う気持ちが
自分と重なってしまうのです。

本の中で山田さんは

「人間には猫と暮らす人生と、暮らさない人生、
その二つしかない」とおっしゃっています。

うん、その二つしかない。
そして、私はこの先もきっと猫と暮らす人生を
選び続けるのだと思います。

いつか必ず訪れるお別れを思うと、胸がヒリヒリして
息苦しくなってしまうのだけど
猫のいない人生がどうしても想像できません。

自分がペットロスになっておきながら
なんなんですが、猫とのお別れを経験して
それでもまた新しく猫を迎えたという人に出会うと
心の底から嬉しく思います。


それにしても山田さん。
ミュージシャンとしても素晴らしいし、イラストレーターとしても
センス抜群だし、小説も読みやすくてすっと心に染み入ってくる。

このような方が猫イベントに積極的に参加してくださることを
とてもありがたく思います。

ちなみにこの本の中で私が山田さんを知るきっかけになった
東京の保護猫活動をされてる方が出てきます。


本当に良い本ですのでぜひ読んでいただきたい。
ニャマがお勧めのネコ本として必ず挙げる一冊です。
ぜひ。




スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

toitoitoiさんの保護猫のためのチャリティイベント

はじめに記載しておきます。
ニャマはtoitoitoiさんとは何の関係も
ありません。
個人的に紹介させていただいているだけです。


保護猫・野良猫のためのミニマムプロジェクト
toitoitoiさん

ニャマもちょくちょくチェックさせていただいております。

そのtoitoitoiさん。
下記のようなイベントをされるようです。

「toi toi toi〜きっとうまくいくミニマムプロジェクト〜vol.3」
保護猫の為のチャリティーイベント
◻️2019年2月22日(金)〜3月3日㈰

行けたらニャマも遊びに行きたいなと思っております。

それでですね ニャマは知るのが遅すぎました。
ぬぁんと最終日3/3には
近藤研二・山田稔明猫町ライブが開催されるというのです!
知った時には遅くチケットは完売。
でも、どのみち手に入らなかったかも。
即完売したようです。

ニャマは山田さんのファンです。

何度かこちらでも紹介したことがあります。
これとかこれとか。

行ける人がものすごく羨ましい。
本当にうらやましいです。

山田さんをご存知ない方のために、簡単に紹介。


DSCN4782.jpg


山田さんは本業はミュージシャンですが
多才な方で写真も上手だし(ポチの写真集ニャマ持ってます!)
小説も良い。
そして音楽もよい。そして、イラストレーターとしても!
とても素敵なイラストをお描きになられます。

そしてそして、山田さんといえば猫が大好き。
もうそりゃ、猫が好きで好きで仕方のない方です。

近藤研二さんもそうですが、山田さんとよく
猫チャリティイベントにお2人で参加されています。

以前猫ライブの時にお話しされてましたが
「猫イベントといったら断らないだろう、とよく声がかかる、
まぁ断らないですけど(笑)」とおっしゃっておられました。

ニャマが山田さんを知ったのも猫イベントでした。
数年前に、東京の猫まつりに行った時に
そこで初めて山田さんと近藤さんを知りました。

あいにくの雨でしたが、ライブ、すごく良かったです。

山田さんの猫町オーケストラ、また生で聴きたいなぁ
きっと当日歌うだろうな。いいないいないいなぁ。

山田さん 猫エッセイ「猫町ラプソディ」も出しておられます。
が、これは楽しみに置いて、まだ読んでないんですよ~

小説は「猫と五つ目の季節」お勧めです。
ミュージシャンである山田さんと暮らすポチちゃんとの
最愛の日を綴った自伝小説です。
何度も何度も読み返して大切にしている本。
猫と暮らす方に、ぜひ読んでいただきたいなぁと思います。


その場でささっとサインとイラストを書いてくださいました。


DSCN4783.jpg

今回ニャマは行けず残念ですが
今後は猫アンテナはビンビンに張っていこうと
思います。

ライブに行かれる方は楽しんでくださいね☆

テーマ :
ジャンル : ペット

終末のフール

お腹がすいたら、まずはにゃんぷん怒って下から見上げ
それでもニャマが動かない時には
ぶみー!と膝にアピールしてきます。
この後太ももで爪をといだりする、いけないゴローさん。


DSCN4544.jpg

最近読書をする時間が減りました。
通勤の電車以外の読書の楽しみは
寝る前に布団の中での読書。
読んでるうちに寝てるというのが最高なんです。

が、ゴローさんが毎晩ニャマの布団の中に
入ってくるので・・・
誘惑に負けて本を閉じ、そのまま一緒に
寝てしまう日々が続いています。

こんな幸せを噛みしめる日々。
(ばあにゃんは我々にべったりな猫ではないので
一人ひっそり眠ります)




たまには猫関係以外の本の紹介も。


「終末のフール」伊坂幸太郎さん。

もう何回も読んでいます。


世界の終末。
3年後に隕石が落ちてきて人類が滅亡する。
その残された時間をどう過ごすか、というのがこの小説のテーマとなっています。

おもしろいのは、「あと8年で地球が滅亡する」という流れの中で
人々がパニックに陥り、殺人、暴動、強盗、逃亡、自殺、なんでもありの
大混乱を描くのではなく、5年経ち、死ぬものは死に、世界は絶望感に
包まれ、嘆き・・・そしてようやく落ち着きを取り戻しつつある小康状態の
「今」を描いていること。

5年経ち、ようやく治安も回復しつつある「世界」
仙台を舞台に生き残った人々の人生を描いています。
世界の終わりが、映画でもなんでもなく、日常として迫ってくる恐怖。
その残されたわずかな人生をどう生きていくか、また、どう死んでいくか?
それぞれの8つの短編集の中に静かに盛り込まれています。



世界の終わり・・・自分なら正気でいられるかな?
あと8年と宣言されたらどう生きて、いや、どう死んでいくのかなぁと
読み直すたびに、毎回深く考えさせられる作品です。

そして、世界の終わりほどではないにしろ
日本は災害国であるから、必ず訪れるであろう
巨大地震のことなど、もちろんその他の災害のことも
色々よぎります。

守るものがはっきりしているからこそ
その時に備えたいと思っています。
本当に大切なものってそうそうないですから。



お正月休み ニャマはたっぷり長めです。
何をしてるかと言えば、ひたすら家にこもり
猫とだらだら過ごしています。
やるべきことは山積みなのですが
どうも、猫時間がニャマにもうつってしまいます・・・

そんな曲を。


Bruno Mars - The Lazy Song

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

飼ってない猫

色んな猫マンガを読みましたが
ニャマ的平成のベストワンコミックです。

飼ってない猫

51hIq_Cxd4L__AC_US200_.jpg

おもしろくなかったら嫌だなと1巻だけ購入
しかし、悶絶するほどおもしろく、即2巻も購入。
どういう仕組みなのか分かりませんが
関口さんの(作者)アパートには色んな野良猫が
出入りするんですね。

飼ってないのに猫がいる
このシチュエーションがそのままタイトルに。

まず、出てくる猫がおもしろい↓見てこの顔

DSCN4578.jpg

関口さんと野良猫の関係がなんだか不思議というか・・・
私にはできないだろうなぁと。
これだけ野良猫に好かれ、家に出入りされると
全員飼っちゃいそうです。


野良猫にドライなのだけど野良猫に好かれる。
とてもうらやましい。
ドライといってもものすごく冷たいわけではなく
なんといったらよいのか・・・

うまく言葉に出来なかったのですが
ある猫との別れの時に、関口さんが
葬儀屋の方に、なんで野良猫の死体が
あるんですか?どういう関係なんですか?と
聞かれるんです。

その時に関口さんが言った言葉。
それがすべてでした。
ホロリときました・・・。
ネットでもこの漫画読めるみたいですが
コミックで、全部一話から読んでいただきたいです。

野良猫の生活がおもしろおかしく
書かれているだけではなく、病気や寿命の事とか・・・
やっぱり野良猫さんは大変だよなぁ・・・と
思わずにおれない内容もあり。

もう何度も読み返してしまってます。
本当におもしろい。

野良たちがあまりにおもしろすぎて
ほんとに?話盛ってるんじゃないでしょうね?と
思うのだけど、ちゃーんと証拠画像のおまけつき。

ほ、ほんまやったんや・・・と
そういうのもおもしろいです。

お勧め猫マンガは?と聞かれたら
私は迷わずこちらをお勧めします。


恋とマシンガン/フリッパーズギター



今聴いても、めちゃくちゃ良い。
フリッパーズギターの登場には心が震えました。
小山田圭吾さんと小沢健二さんのお2人。
解散後、小山田さんはコーネリアスとして
小沢さんは小沢健二として活動されました。
コーネリアスも小沢さんの音楽も好きでした。

当時、仲のよかった友達とフリッパーズギターや
カヒミ・カリィを聴きながらドライブしたことを
思い出します。
私にとって初めての男友達で、男女間の友情は
成り立つ、を証明してくれた人でした。

テーマ :
ジャンル : ペット

猫がいなけりゃ息もできない

「会いたいなぁ
生きかえってくんないかなぁ。」

祭壇に手を合わせながら夫は
よくこう言っている。

私だって会いたいよ。
ゴローさんとハナさんがいたって
先代猫に会いたいし、少しの時間しか
過ごせなかったサリーに、会いたい。

今どこにいるのだろう
私達が死んだら、ちゃんと会えるのかな
覚えててくれるのかな。
時々ふと思う。



「猫がいなけりゃ息もできない」

村山由佳さんの猫エッセイ。

17歳で旅立ったもみじちゃんとの時間を
綴ったもの。

参った。
読んでいて、自分と重なってしまって。
これは、あの時のわたしだ。

電車の中で読んでいたら
どんどん思い出す。
先代猫と毎日のように通った病院の事。

待ち時間をなくすために、朝早くに
順番をとるのに診察券だけ入れに
自転車で向かい、一旦帰宅。
往復40分かけて、行ってたなぁ。

そして診察時間開始と同時に先代猫を
連れてタクシーで病院へ。
病院が嫌で嫌で、鳴く元気もないくせに
必死でニャーニャー鳴いて抗議してたっけ。

今の状態だと一週間持たないかも
知れません・・・と宣告され
泣いてはいけない、と思いながら
先生の前で泣いた事。

だけど、
不死鳥のごとく立ち上がり余命宣告を
吹き飛ばしたあの子。

今こうして生きていることが
信じられません
すごい頑張りです

と先生も驚いていたほど。

そうなのだ
先代猫は、本当にすごかったのだ。
私はこの世で一番尊敬している人は
と聞かれると

人ではないけど、先代猫と答える。

優しくて、穏やかで、自分のことは後回し。
いつも私やばあにゃんのことを考えてくれる猫だった。

あの子はこうだった
あの子はそうだった
あの子は・・・

読み進んでいくうちに、感情の波が
押しよせてしまい、電車の中だというのに
泣いてしまった。

泣く、というか
号泣に近い。

うーっと本を閉じ、顔を手で押さえ
呻くように泣いてしまった。

ヤバい、と心でわかってはいたけど
抑えきれず

だけど、冷静な自分もいて
急に号泣しだした私に乗客が戸惑い
シーンとなったのも感じる。

どうしよう・・・顔を押さえながら泣きじゃくるのは
いいけどこの場をどう乗り切るかも、考える。

泣いてもた・・・ヤバい

私が乗ったのは各駅停車だったので
駅に到着し、ドアが開いたのを確認した途端に
走り降りた。

まだ降りるには早かったのだけど。

泣いたなぁ・・・

そして、久しぶりの休み
5冊に及ぶ闘病日記を読み、また泣く。

2017.5/27

今日も食事せず。あちこち移動するもフラフラで倒れこむ。

1:20 台所へ。伏せて水を飲む。布団の上へ移動。
4:00 夫と布団で寝ている。
5:30 シャワーを浴びていると、あけろあけろと鳴く。
6:00 点滴完了。
6:40 おしっこする。
7:00 風呂場へ移動し、伏せる。
7:40 風呂場から和室へ移動
7:50 シーバのスープを口に運ぶ
飲もうとするも顔をしかめる 飲めない様子。

このような感じで、先代猫の少しの異変も
見逃さぬよう、ノートに記録していた。

先生に何を聴かれても答えることが出来るように。
こうして、読みかえしてみると壮絶だったんだな、と思う。
仕事をせず、ずっと先代から離れなかった私は
いつ、死ぬか分からない状態だった先代から
目を離すことが恐ろしくこの頃はほとんど睡眠を
取っていなかった。

夫が休みの時に、仮眠を取らせてもらい
その間は夫が様子を見てくれて記録もしてくれていた。

睡眠不足に加え、食事もあまり取ることが出来なくなって
いた私はこの頃はずっとボーッとしていたような感じで

今、またこの頃のように看病が出来るかと
訊かれたら自信はない。
でも、きっとそうするんだろうな。


もみじ、もみじ、愛してる。
早く着替えて、また戻っておいで。


この一冊のすべてが、自分の経験したことそのもので
苦しくて悲しくて、愛おしい。

そんな本です。
猫と暮らしている人、猫が好きな人。
全ての猫を想う人へ読んでいただきたい一冊。

これを読むと
猫の一日、一年はどれだけ大切で貴重なものかが分かる。
そして、飼うという言葉はあまり好きではないけれど
あえて「飼う」という言葉を使うとこうなる。

人間にとってのたった一日は猫の一日とはずいぶん違うのだ。
人間が猫を飼う以上、その猫の大切な時間を奪うことでもあるので
責任と愛情を持って、快適な時間と空間、環境を作ってあげたいなと思う。


この時期になると聴きたくなる音楽。

放課後の音楽室/ゴンチチ



※当ブログは現在予約投稿をしています。
リアルタイムに書き、更新しているものではありません。
それと、匿名の方よりもう少し更新頻度を上げて欲しいと
連絡をいただきました。

楽しみにしてくださっていることはありがたく
嬉しいことではありますが
当ブログはお金をいただいて
書いているものではありませんし、
あくまで個人の駄文を綴ったものです。
書きたいときに書きたいことを書く。

このスタンスを続けていくつもりですので
どうかご理解ください。申し訳ありません。

テーマ :
ジャンル : ペット

プロフィール

ニャマ

Author:ニャマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR