FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

深夜の噛みつきゴローさん

DSCN4458.jpg

ある日のゴローさん 日光浴をしながら
ゴロンゴロン右に左に転がったかと思ったら
そのままお腹を出して、ぼ~…
しばらくこの体勢のままくつろいでおりました。
どうですか 何かお気づきになりませんか。

痩せたんですよ!ゴローさん!
あれ?なんか痩せた?と思い、いそいそと体重計を。
じゃーん 7.3㎏になりました!!!

ゴローさん頑張りました
リバウンドしないよう頑張ろうね!

最近ゴローさんとゆっくり遊ぶ時間がありません。
夜帰って来て遊ぼうと思った時には
ゴローさんは寝ていたり。


遊んでほしそうにしている時にはニャマが
仕事に出る日だったり。

ちょっとすれ違いの生活が続き
ストレスを感じているニャマですが
働かないといけないものね・・・


ニャマはインドア派です。
ライブ以外は、家でコーヒー飲みながら
ネットしたり、読書したり音楽聴いたり。
そして猫と遊ぶ。

眠くなったらぐぅぐぅ。

そんな、だらだらした時間が大好きです。


ゴローさんは推定6歳で今はまだニャマより
年下だけど、あっという間にニャマを追い越して
しまいます。

そして、ニャマより年上になってしまったら
そのうち遊んでもらえなくなります。

ばあにゃんがそうです。
子猫時代はおもちゃをくわえて遊べ遊べ攻撃が
すごかったけれど、シニアとなった今では・・・。

だからニャマは、ゴローさんが遊ぶモードになった時には
沢山沢山遊んであげたいのです。

忙しいとそういうことがおろそかになってしまう。
人間の24時間で考えたらいけないな、と思っています。

だから・・・深夜のゴローさんとの闘いも
ニャマが折れなくてはいけないのです・・・


深夜にゴローさんに噛みつかれて起こされることも
我慢我慢と思うのだけど、最近は寝不足が続いていて
やっと眠れた・・・のに
4時とかに噛みつかれて起こされると
勘弁してよ・・・と思って、布団で顔を隠してしまいます。

お願い もうちょっと寝かせてよ・・・と
ゴローさんに言ってもゴローさんもお腹がすいて必死です。
ニャマが起きるまでとにかく噛み続けます。
顔、手足を布団で隠しても何とかして噛みつきます。

毎晩毎晩・・・続くんですねぇ

毎日食事の量は計ってあげているので
たとえ眠くても計量しないといけません。
寝ぼけまなこにはこれもなかなか辛い作業ですが
やっぱり、そんなゴローさんも愛おしくて
人を起こして、ごはんをもらって(深夜なので5gしかあげない)
満足げに眠りにつくゴローさんは可愛いです。

はっ結局幸せ、猫自慢でした。

暴れん坊、きかん坊のゴローさん。
ニャマのハートをわしづかみです。



昨日はハナレフジ(ハナレグミとフジファブリック)のライブでした!
もう、めちゃめちゃ良かったです。
はぁ~・・・楽しかったなぁ。
こういう音楽に出会えて良かったなぁ。
音楽は世界を救わないかも知れないけれど
個人を救うことは出来ると思う。

夫に、今日ライブ行ってくるわ、と言うと
へぇ~誰の?と聞かれ

「ハナレフジ」

なにそれ

「ハナレグミとフジファブリック」

ハナレグミ?なんで俺を誘ってくれなかったんだ

と言われました。

夫もハナレグミは好きで何度か一緒にライブに行った事はあるんです。
でも今回はフジファブリックとのバンド編成だったので
興味ないかなと思ったんですよね。

だってフジファブリック、知らないでしょ?興味ないでしょう?と
言うと

あれ?フジファブリックってボーカルの人亡くなったやん?

そうなんですよね ボーカルの志村さんは29歳で急逝してしまったんです。

よく知ってたなぁ~
なんだか驚いてしまいました。

フジファブリックの曲も沢山演奏してくれて
志村さんが生きていた頃の曲も聴けて・・・
ホロリと涙が出たり。

良い、ライブでした。

ハナレグミの永積タカシさんが在籍していたバンド
SUPER BUTTER DOG のサヨナラCOLORを。


あまりにも有名ですが・・・何度聴いても
心が震えます。

そこから旅立つことは とても力がいるよ
波風たてられることきらう人ばかりで
でも君はそれでいいの?
楽がしたかっただけなの?
僕をだましてもいいけど 自分はもうだまさないで


スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

べつに

先日書いた記事を読んだ知人より
伊坂幸太郎さんの「アヒルと鴨のコインロッカー」を
読んでみようかなとメールをいただきました。

思わず言いました ちょっと待ってください!

伊坂幸太郎さんは大好きな作家です。
このブログを通して、伊坂さんの作品を知っていただけたら
こんな嬉しいことってありません。

だけど、伊坂幸太郎さんのこの作品はちょっと勇気を
持って読んでいただかねばなりません。

テーマとしては重いものを扱っています。
そして、とっても悲しいお話です。

私の中では全く救いのない小説で
ここまで悪い奴が出てくるなんて、伊坂さんはなぜ
これを書こうと思ったのだろう、と今でも思います。

動物虐待、外国人差別、エイズ・・・

特に動物虐待に関しては、救いがなく
また登場人物の悪意が、色々なことを思い出し
胸が苦しくなってしまいます。
でも読み進まなくては先に進めない。
そう思って初めて読んだ時も
そして数年後にこうして再読したときも
全く同じ気持ちです。
たとえようもないどす黒いものに
取り囲まれ、深呼吸しないと読めないほどでした。

それでもこの作品を好きだと、言えるのは
なぜなのか分かりません。
ボブ・ディランの「風に吹かれて」が登場するところとか
神様を閉じ込めるところとか。
伊坂さんらしい世界観を感じることが出来るからかな。

基本猫の事を書いているブログですが
なにげに書いた小説のことを、読んでみようかと
思ってくださった方がいらっしゃったこと嬉しく思います。
でもまったく内容に触れていなかったので
書いておいた方がいいかなと、慌てて書いた次第です。

小説に出てくる、外国人差別についても、ああ、そうだな
悲しいけど日本人はそういうところあるかもしれないと
感じる部分がありました。

機会があれば読んでみてください。

私は人にお勧めされた音楽を聴いたり
本を読むのが好きです。
自分の感性だけで見る世界は小さいです。
知った風なことを言っていても、しょせん小さな箱の中。

人が教えてくれることなどは
とっても貴重です。
新しい世界を見せてくれます。

好きかどうかは二の次
まずは知る。
こういう好奇心、探求心を失いたくないな。

ということで(?)
最近ハマって、つい繰り返し見てしまうこちら
関取花さん。


べつに




声が素敵です。
この「べつに」映像もおもしろくて
つい何度も見てしまいます。
花ちゃんの表情と最後の舌打ちが
最高にいい。

この悪意のあるキャスティング・・・

そして、皆さん一度は目にしたことある「あるある」ではないでしょうか。

花ちゃん めちゃくちゃハマってます。
この曲はちょっと映像を見て欲しかったので
お勧めしましたが、他の曲もいいのいっぱいあります。

すごいなぁ

昨日と同じ今日を。


DSCN4398.jpg


ゴローさんの汚れた前足。

最近天気の良い日で、ニャマが休みの時には
ゴローさんをベランダに出しています。
思いっきり遊んで足が真っ黒
かかとなんて黒っくろ。
飽きるまで遊ばせています。

ゴローさんとても楽しそうに気持ちよさそうに
背中をこすりつけゴロンゴロン転がったり
探検したり。



本当はもっと猫仕様にしてから、と思っていたのですが
猫は私たちより何倍ものスピードで年を重ねていきます。
そのうちにね いつかね もう少しね
そんなことをいっているといつになるか分からない。

そもそも明日が来ることすら分かりません。

この数年の日本を見ていると本当にそう思います。

私がのんきに
「ベランダを遊びやすいように改造するまで待ってね」
そう先延ばしにしてしまう時間の貴重さを感じたので
とっとと出す事にしました。

なんだ こんな簡単な事かぁ~
とスッキリしました。
思い切ってやっちゃえばいい。

ゴローさんにとっての一日も貴重だけど
ニャマにとっても時間は貴重です。
悩む時間がもったいない。
考える事をやめただけで、小さな罪悪感が
ひとつ消えました。

ベランダを眺めているゴローさんを見て 
いつも、もう少し待ってね とずっと思っていたので。
(ばあにゃんはベランダに興味ありません)

ゴローさんも私も幸せ。
これでいい。

私にとっての幸せ 猫 音楽 読書
昨日と変わらない今日

何かの猫本に書いてあったけれど
「猫が求める事は昨日とおなじ今日 今日とおなじ明日」
だということ。

私は出来る限り、それを約束してあげたいと思います。
人間が出来る事なんて限られているけれど
出来るだけ、ありったけの思いを込めて
いつもと変わらぬ日常を過ごさせてあげたい。

私もそうです。
猫とおなじ。
でも私は少し刺激が欲しい。
その刺激は・・・私にとってはライブに行くことかな~
ってことで今月は「ハナレフジ」のライブに行きます!
仕事は休みま~す。

ご存知ない方のために・・・
ハナレフジとは、ハナレグミとフジファブリックのユニット。
こんな豪華なユニット 行くしかないでしょ!!
特にハナレグミはタカシくんの声がすごすぎて
毎回泣いてしまいます。
今回も泣くかも でもいい!ひとりだから!
気持ちよく泣いてきます!

私の周りにはなぜか音楽の趣味が合う人が一人もいません。
なのでいつもライブは一人です。
終わった後に感想を言い合う人がいないというのは
寂しいものですがもうずっと一人参加なので
こういうのにも慣れたかな。

読書と良い音楽に触れることが私にとっての
心地よい刺激です。
これからも沢山本を読んで、良い音楽を聴いて
ライブに行きまくりまーす!


さて、読書ですが
今は伊坂幸太郎さんの本を再び読み返しています。
アヒルと鴨のコインロッカーを読んで
ものすごく響いた言葉があったので
ここに残しておきます。


「善いことも悪いことも、やったことは、全部自分に戻ってくるんだ。
今は違っても、生まれ変わった後で、しっぺ返しがくる。」

保護猫の年齢判断

DSCN4295.jpg


お腹を見せてリラックス中のゴローさんですが・・・


昨日 健康診断へ行ってきました。

年に一回の検診でいいかなと思うのだけど
ゴローさんは多頭飼い崩壊した岡本出身の猫で
そこでFIPの猫が何匹か亡くなってしまうという
劣悪な環境で育った猫さんなので心配で
年に2回健康診断を、と思っています。

ばあにゃんも年に2回です。

で、そのゴローさん。
人と猫が大好きで物おじしない、何があっても
動じない猫さんなのですがなぜか病院に行くときは
ぎゃん鳴きします・・・

病院が嫌いなのではありません
診察室なんか大好きで診察が終わってもなかなか
キャリーに入ろうとせずいつも先生や看護師さんに
入ってね・・・もうおしまいだよ・・・と押し込まれるくらい
診察室でみんなに触ってもらったり撫でてもらうのが
大好きなんです。

キャリーに入るのも嫌いじゃない。
だけど移動の車の中でぎゃん鳴きします。
出せ出せと言っていると思う。
到着するまでず~~~~~~~とぎゃん鳴き。
かなり大声で鳴きます。

そして病院に着いて待合室でもぎゃん鳴き。
周りの人に笑われるくらいぎゃん鳴きゴローさん。

こういうとこ、亡くなった先代猫に似ています。
先代猫もずっとぎゃん鳴きでした。

さて、ぎゃん鳴きゴローさん
採血が始まります。

ゴローさん 採血嫌いなんです
めちゃ暴れます。
本気出したらすごい力のゴローさんなので
採血が始まったらすかさず、ちゅーるを口元へ
持って行くと採血されていることはすっかり忘れ
ちゅーるに夢中で、おとなしくちゅーるを舐め続けていました。

なんと単純な男 ゴローさん。
食いしん坊すぎますね。
先代猫のオスも採血の時大暴れでしたが
ちゅーるなんかでは抑えることが出来ませんでした。

そして一通りの検診が終わって
ニャマ 先生に尋ねました。

「違う先生に年齢を9歳くらいかなと言われたのですが
ずっとゴローと暮らしていて、どうしても9歳の猫には思えないんです
あくまで先生の判断でいいのでもう一度確認をしていただけないでしょうか」

※今回の先生がゴローさんを診てくださるのは初めてです。

カルテにも9歳と書かれているゴローさんです。

じっくりゴローさんを診ていただきました。


「年齢が何歳かというのを決めるのは難しいのですが・・・
9歳ということはないと思います。

あくまで参考ですが
僕は6歳くらいかなと思います」

とのこと。

その内容は まず、歯 
確かに歯茎が赤くなっていたり弱くなっていたりするけど
そこまでシニアの歯ではないように見える。
歯そのものは若い歯だということ。

そして 目。

虹彩がキレイで凹凸がない
シニア猫さんは筋が出てきたりするようです。
ちなみに虹彩って言葉初めて知りました。
(ああ 全国にバカをさらけ出してしまいました)
ニャマ・・・虹彩が分からず、訊こうとしたら
先生が説明してくださいました。


そして、爪。

年を重ねた猫さんの爪はささくれが目立ったり
透明感のない爪や分厚くなったりということも
あるようです。
ゴローさんの爪は透明でキレイ。

そして肉球。
これも年を重ねるとシワっぽくなる猫さんもいるようです。
ゴローさんはヤングの肉球♪


ということでカルテを6歳に書きなおしていただきました。

9歳と聞いていたけど、どうしてもニャマには9歳とは
思えなかったので安心しました。

もちろん真相の程はゴローさんにしか分かりません。

だけど、以前猫専門の病院の先生に診ていただいたときも
6歳くらいと言われました。
その時は、臨時で連れて行っただけなので
ゴローさんはその後はそちらへ行くことはなかったのです。

あくまでゴローさんのかかりつけは以前とおなじ病院なので。

今まで猫の年齢判断というと大体歯を診て
決められることが多かったと思います。
(あくまでニャマが連れていったなかで)

今回の先生は、きちんと細部を診てくださり
それがとても説得力があったので
「人は信じたいことを信じる」にニャマも乗っかり
ゴローさん6歳説を信じようと思います。

以前の先生がお辞めになられる前に
ゴローさんを診ていただき9歳と言われてから
そうか 9歳か・・・と思いましたが
その後もずっとゴローさんと暮らし ゴローさんを
知れば知るほど、9歳ではない、と思い続けてきたニャマです。

なんだか3歳も若くなって嬉しいです。

以前の先生もとても優しくて良い先生で
お辞めになられると知り(専門的に学びたい分野があるとのこと)
とても残念でしたが今の先生も素晴らしい先生です。

こちらの先生には先代猫の時も何度かお世話になったので
スゴイ先生だというのはわかっていたので安心して
診てもらうことができます。


ちなみにニャマ 猫に関しては自分の目を信じます。

以前先代猫が耳をずっとかきむしり、悪臭がして
変な汁が出てきたことがあったのです。
猫もかゆすぎてイライラして辛そうでした。

病院に連れていき、耳を診てもらいましたが
何ともないと言われました。


そんなはずはないと思いました。

そして担当の先生を代えてくださいとお願いし
違う先生に診ていただいたところ
腫瘍のようなものがあると。

ただ、それが良性のものか悪性なのか
調べることがこちらでは出来ないので、と。
北摂の病院を紹介され、そこで先代猫は徹底的に
診てもらいました。

腫瘍は悪性のものではなく、薬で治していけば
問題ないとのことで一安心したのでした。

その後は時々痒くなることはありましたが
お薬でなんとか頑張ってもらいました。

そういうこともあるので、先生の言うことすべてを
完全に聞き入れるということはあまりしません。
分からないことはわかるまで聞くし
なぜそのような診断になったのかも知りたければ聞きます。
自分のことはどうでもいいけど、言語の異なる猫のことを
分かってあげたいと思っています。



猫の年齢判断ですがあくまで目安です。
先生のおっしゃっていることがすべてではないと思います。
9歳でも虹彩がキレイな猫さんもきっといるでしょう。

参考程度になさってくださいね。

ニャマは信じたいことを信じる。
それだけです。自分の中で納得ができたのでこれでいいんです。

本当のことは誰にも分かりません。
ゴローさんを見て向き合いながら暮らしていくしかないのです。


そうそう、なぜゴローではなく「さん」づけなのか?
ここでも何度か書いていますが私にとってゴローさんは
憧れの大スターのような存在なのです。
いつかこの猫さんと暮らしたい 願い続けて夢が叶ったのです。
一緒に暮らしている今でも大スターと暮らしているような
そんな気持ちなんです。

なのでゴローさんは私にとっては「ゴロー」ではなく
ゴローさんなのです。

BGM♪「風の果てまで」 斉藤和義

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

さくらねこTNR活動で大阪梅田を世界一猫に優しい歓楽街に


https://readyfor.jp/projects/kitakan

一斉TNRのボランティアを募集していたので
Oさんと参加させていただきました。

Oさんは個人で保護猫活動をしておられます。
自己流だから他の捕獲を見てみたい、どんな風にしているのか

私は捕獲経験も保護猫活動経験もないので
勉強のために参加させていただきたい

ということで
全く未経験でも可能かと問いあわせたらOKとのことで
当日事務所へ集合しました。

22時半集合で、捕獲のプロの方や
個人で保護猫活動されている方、グループに所属されている方
私のように全く捕獲未経験の方がおられました。

最初にこういう活動を行なうという説明があります。
捕獲器の説明もありました。
ボランティアさんの中にはマイ捕獲器を持ってきて
おられる方も・・・

ちなみにOさんもマイ捕獲器持っておられます。

トップの方から捕獲器の説明が終わった後に
「まぁ使い方はここに来られてる方皆さん
ご存知だと思います」

ひ~~私触った事ないよ・・・
足手まといになったらどうしよう

ここでビビッてしまいました(笑)


説明が終わり、ここでグループ分けが行なわれます。
ボランティア参加人数は33人とのこと
他に関係者の方が沢山。

マイ捕獲器を持っておられる方
捕獲経験のある方
まったく初めての方

安心しました!
まったく初めてという方が圧倒的に多く
胸をなでおろす私なのでした。

私はベテラン保護活ボラさん2人と
Oさんとの合計4人でのグループ。

猫捕獲の場所は北新地
ホントに歓楽街ですね。

さぁ、捕獲器を持って出発です。

変な人と怪しまれないように、車にはねられたり
しないように、蛍光色のベストを着用。

捕獲器を仕掛ける準備をしていると
みんながのぞき込んだりします。

北新地といえば繁華街ですからね~
22時半といえど、夜はこれから。
沢山の人がいました。

もうすでにこの活動が認知されているのか
猫の活動ですよね と話しかけてこられる方も
多かったです。

さて、捕獲器をしかけ待つ事数時間・・・
かかりません。

というか猫がおらん。

いたのはさくらねこのみ。

他のグループの方はぼちぼち捕獲出来ているようでした。

3時になり、トップの方が回ってこられ
撤退しましょう 解散!ということになり
解散となりました。

その後始発まで時間をつぶそうと
ジャンカラに入り5時まで仮眠をとる私達。

始発で帰って参りました。

ボランティアといっても今回は見学をさせてもらったという
そのような体験で、何の役にも立てなかったけれど
色んな方と話が出来て、なんだかとても励みになりました。

みなさん 個人で色々出来ることをされてるんだなぁ。
猫のために・・・

私達は3時で帰ってきましたが
5時までやる、と現場に残られた方や
5時からが捕獲タイムよ!と5時まで待機して
おられる方などもおられました。
その方も22時に集合しておられたのにすごいです。


みんなみんな猫のために頑張っておられます。
私も自分に出来ることをやっていきたいです。

今日はこれからゴローさんの健康診断に行きます。
8時間ご飯を抜かないといけないので
事情の分からないゴローさんはご立腹です。

噛まれたり、ジーとジト目で訴えてきます。

それでも「ダメだよもう少し我慢ね」というと
暴れてギャーギャー騒ぎます。

私も夫もお腹がすきましたが
ゴローさんに付き合って我慢しています。
お腹すいた・・・

終わったら一緒にごはんを食べようね ゴローさん。

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

ニャマ

Author:ニャマ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR